一般社団法人 北海道LPガス協会

menu

青年委員がゆく!

第23回 青年の集い開催 編

青年委員会としては久しぶりの更新となります。今後はこれまで以上に積極的な情報発信を行いますので、宜しくお願いします。
去る3月20日(木)青年委員会としては初の試みとなる「全道青年の集い IN SAPPORO」を開催いたしました。事業の詳細は以下に記載の通りですが、道内でLPガス事業に従事する青年経営者・幹部社員が系列の枠組みを超えて一同に会する中で今後の業界の展望について研修いたしました。さらに、出前教室を柱とした青年委員会の事業内容を発信・共有するとともに交流と親睦を深めることができました。
年度末の多忙な時期に本事業にご参加頂いた皆様に心からの感謝を申し上げ、事業報告と致します。本当にありがとうございました。(文責:副委員長 鴻巣直樹)

「全道青年の集い IN SAPPORO」事業報告

主催: 一般社団法人北海道LPガス協会青年委員会(杉浦真城委員長)
目的: 全道よりLPガス業界の未来を担う青年が一同に集い研修・情報交換・交流を深めることにより、今後の業界への明るい展望を感じ、各支部活動の中枢を担うべく積極的な参画意識の高揚に繋げる
日時: 2014年3月20日(木)14:00~18:30
場所: 京王プラザホテル札幌
参加員数: LPガス販売に携わる青年経営者・幹部社員85名、来賓・青年委員会OB 17名、報道関係者5名 計107名

【式次第】

  1. 開会宣言
    (一社)北海道LPガス協会青年委員会副委員長 日下 悦克
  2. 主催者挨拶
    (一社)北海道LPガス協会青年委員会委員長 杉浦 真城
  3. 来賓挨拶
    (1)(一社)北海道LPガス協会会長 小山 秀昭様
    (2)(一社)北海道LPガス協会青年委員会第5代委員長 土門 康明様
  4. 講演会
    演題: 「米国シェールガス革命のわが国LPガス業界への影響」
    講師: 宮 恭久氏((一財)エルピーガス振興センター調査研究部 総括主任研究員)*米国のシェールガス開発・供給開始に伴う世界的なエネルギー情勢や価格体系の変化の見込み等について講演頂いた。併せて同センターによるLPガス産業の推進に向けた調査研究事業の概要について説明を頂いた。
  5. 委員会活動報告(パネルディスカッション形式で進行)
    演題: 「出前教室の意義とこれからの展開」
    進行:  (一社)北海道LPガス協会青年委員会副委員長 日下 悦克
    パネラー:  鴻巣 直樹氏(網走支部・(株)三光代表取締役)、小山 裕貴氏(石狩支部・しなねん商事(株)代表取締役)、大友 俊一氏(十勝支部・帯広プロパン(株)代表取締役)、河野 通船氏(釧路支部・日通商事(株)釧路LPガス事業所係長)
     *開始から5年を経て全道8支部で展開されている出前教室の進化をテーマに、各支部の実践者から生の声を集約し、今後の授業内容の更なる進化と出前教室の全支部展開に向けて意見交換と事例発表を行った。
  6. 大懇親会
    乾杯: (一社)北海道LPガス協会青年委員会第6代委員長 津山 正樹氏
    青年委員会紹介: 支部選出13名、本部選出4名、計17名
    余興: LPガスクイズ、文字合わせゲーム、名刺集めゲーム
  7. 青年委員会活動報告・ビデオ上映「青年委員会が行く」
  8. 閉会宣言
       (一社)北海道LPガス協会青年委員会副委員長 鴻巣 直樹


  • 最終打ち合わせ(実行委員長:佐原氏)

  • 主催者挨拶(杉浦委員長)

  • 来賓挨拶(小山会長)

  • 来賓挨拶(土門歴代委員長)

  • 講演(宮氏)

  • 会場は業界関係者で満員

  • 委員会活動報告(日下副委員長)

  • 委員会活動報告パネラー 
    鴻巣(網走)小山(石狩)

  • 委員会活動報告パネラー 
    大友(十勝)河野(釧路)

  • 大懇親会乾杯(津山氏)

  • 青年委員会紹介

  • 委員会紹介の最後は佐原実行委員長
    (ホスト支部・石狩)

  • 余興の結果発表 
    お楽しみいただきました

  • 締めのご挨拶(米川氏)

  • 「青年委員会が行く」映像より

  • 「青年委員会が行く」映像より

  • 「青年委員会が行く」映像より

  • 「青年委員会が行く」映像より

  • 閉会宣言(鴻巣副委員長)

  • ご参加頂きありがとうございました

  • 最後に委員会メンバーで記念撮影

ページ
トップ