一般社団法人 北海道LPガス協会

menu

支部便り(釧路)

「弟子屈分会災害対策勉強会」開催。

日時   平成28年6月23日(木)15:00~17:00
場所   弟子屈町商工会
主催   北海道LPガス協会釧路支部弟子屈分会
内容   弟子屈町内全LPガス販売店が、町内で起こりうる自然災害を防災専門官より学ぶ。
報道   釧路新聞社
北海道新聞社 

講師   中村英雄 弟子屈町防災対策専門官

内容

上村保範分会長の挨拶により開会。

中村専門官がLPガス協会弟子屈分会の貢献として、平成22年11月10日締結の防災協定、6月15日にLPガスポータブル発電機を弟子屈町に寄贈した事にふれ、「これまでカセットガスストーブなど総額200万円分の寄贈を受け、町内の災害時に活用し町民から感謝されている」と挨拶。

弟子屈は洪水の可能性は少ないが、暴風雪や直下型地震、火山噴火、日本海溝・千島海溝型地震が起こる可能性があるとし、前職の陸上自衛隊での部隊指揮やハイチ大地震復興PKOでの経験も踏まえ講演されました。

日頃からの備えがとても重要で「災害発生時には災害対策本部にLPガス協会も入っていただく」とLPガスライフラインへの強い信頼も語りました

「弟子屈町は防災訓練等の日頃の相互協力により、LPガス協会と顔の見える関係を築いており、これからも協力し合い来るべき災害に備えたい」と締めくくりました。

ページ
トップ