一般社団法人 北海道LPガス協会

menu

支部便り(上川)上川支部予定表

南富良野町へ災害義援金を寄付・富良野分会が炊き出し支援

  • ○ 日 時   平成28年10月11日
  • ○ 場 所   南富良野町役場
  • ○ 内 容

台風10号で甚大な被害を受けた南富良野町へ、義援金を送りました。
上川支部、北海道LPガス協会、全国LPガス協会からそれぞれ10万円の計30万円を森川上川支部長から。上川支部富良野分会からは5万円を津山富良野分会長が、それぞれ池部南富良野町長へ手渡しました。森川支部長は「災害は予見が難しい。微力ながら被災者の見舞いとしたい」と励ましの言葉を添えました。
池部町長は「町として避難準備、避難指示を発令したのは今回が初めて、国からは激甚災害・局地災害の指定を受け復興に取り組んでいるさなかです」と話し、今後の自然災害に対する備えについては、「分散型エネルギーであるLPガスを備蓄しておく必要がある。道の駅を再整備し防災機器を常備して、空からの援助を想定したヘリポートを新設する」などの構想を明かして下さいました。

森川上川支部長(左写真)と津山富良野分会長(右写真)が池部南富良野町長へ義援金を送りました。

  • ○ 日 時   平成28年10月16日
  • ○ 場 所   南富良野町民体育館 野外
  • ○ 内 容

上川支部富良野分会が炊き出し支援を行いました。
台風10号の大雨で河川氾濫により甚大な被害を受けた南富良野町に対して、「富良野オムカレー推進協議会」と共催し、復旧に向けて道内外からボランティア活動に携わるスタッフならびに、対応にあたる受入スタッフ(南富良野町民)に富良野市のご当地グルメ“富良野オムカレー”を提供いたしました。
災害から2カ月経った現在も、遠方より100人を超えるボランティアが駆けつけ、長靴姿でスコップを片手に力仕事をしてくださる皆様に温かい食事を提供することができ、協会スタッフも充実した一日を過ごすことが出来ました。

上川支部管内では初めての災害支援(炊き出し)を行いました。

ページ
トップ