一般社団法人 北海道LPガス協会

menu

支部便り(道南)

高齢者に向けた出前教室を実施しました

日 時 平成31年4月19日(金) 
場 所 函館市滝沢町9   香雪団地自治会会館
参加者 函館市香雪団地自治会会員 16名
協会関係者 青年委員会5名・支部職員2名・ガス器具メーカー1名・報道機関1名
講座内容

香雪団地自治会からの要請で出前教室を実施したもので、「今どきのガスコンロを学ぼう!」をテーマに、ガスコンロの機能と安全性を説明し理解してもらうとともに、LPガスによる事故防止を目的として開催しました。
講座の時間は約1時間を予定して行われました。始めに青年委員会の澤田委員長が今どきのガスコンロの特徴と安全に使うコツを説明。その後で動画を使ってSIセンサーコンロの機能説明を行いました。

講座風景

普段から活発に自治会活動を行っている自治会で、当日は普段からLPガスを使っている主婦の方々が大勢集まってくれました。
SIセンサーの説明の後では、新しいガスコンロは機能が多くて使い方が難しいとの声が多く聞かれました。質問にはノーリツ(株)の函館営業所の紅谷所長から丁寧に分かりやすく説明していただき、参加者からは大変参考になったとのお言葉をいただきました。

また、試食の炊込みご飯は炊飯専用鍋を使いガスコンロが自動で炊き上げましたと説明すると驚かれていました。炊込みご飯も鶏肉も皆さんに好評をいただき完食していただきました。
追 記 終了後に自治会会長からコメントをいただいたところ、自治会の会員も高齢化が進んでいて、今日のような講習を遠くまで出かけて行って聞くことが困難になってきているので、団地内で開催していただいて嬉しく思っています。大変参考になることを教えていただき、参加者から来てよかったと言ってもらいました。出前教室のことを他の町内会の会長にも話して、開催を勧めたいと思っていますと言っていただきました。

ページ
トップ