一般社団法人 北海道LPガス協会

menu

支部便り(道南)

福島地区分会が健康フェスティバルでガス炊飯を実施しました

日 時 令和元年9月7日(土)
場 所 福島町字三岳32-3   福島町福祉センター
参加者 228名 (福島町町民課発表)
協会関係者 福島地区分会 5社 7名
内 容

今年で20回目を迎え、町民の健康増進の普及啓発のイベントとして町民に親しまれている「ふくしま健康フェスティバル」は、町民に健康づくりの重要性を再認識して頂くとともに、地場産品を活用した食育の推進を図ることを目的として開催されているものです。
イベントでは多くのコーナーが設けられ、「食育推進コーナー」・「笑いヨガ体験コーナー」・「タレントの麻木久仁子さんによる講演会」等に多くの町民の方が参加されました。
福島地区分会が担当した「食育推進コーナー」では、養殖アワビを使用した健康料理の試食、千軒そばコーナー、ガスで炊いたおにぎりコーナーが設けられました。
福島地区分会はガスで炊いたご飯のおにぎりを150個提供し、LPガスで炊いたご飯の美味しさを アピールし、おにぎりを食べたお客様から「美味しい!」との言葉をたくさん頂きました。

追 記

福島地区分会の奈良分会長は、渡島医師会より食をテーマにしたコーナーで何か提供してもらえないかと依頼を受け、ガスで炊いたご飯でおにぎりを作って提供することを考え付いた。
分会の会員にこの話を相談したところ、皆が賛同してくれて話が順調に進み、分会会員が町民に喜んでもらいたいという気持ちで一つになり、前日の仕込みから頑張ってくれた。
奈良分会長は、これからも地域住民に密着した販売店を目指し、住民にLPガスとガス機器を啓発して行きたいと語った。

ページ
トップ