一般社団法人 北海道LPガス協会

menu

支部便り(網走)

厳冬期災害演習2020に参加しました。

2020年1月25日と26日2日間に渡り行われた、日本赤十字看護大学災害対策教育センター主催の厳冬期災害演習2020に参加しました。
今年は、北見工業大学で行われた北海道防災総合訓練(厳冬期)とタイアップしながら360名の参加のもと実施されました。
この演習は、冬季間に災害が発生し、電気・水道などのインフラが停止したなかでの避難所運営を検証するもので、今回で10回目となります。
テーマはT(トイレ)・K(キッチン)・B(ベッド)プラスW(暖房)です。
支部では、北海道エア・ウォター北見エネルギー営業所から提供された移動電源車及びLPガス発電機から電源を供給し、お湯が使えるLPガス簡易手洗い器を24時間に渡り稼働させ、参加者に利用してもらいました。
また、最低気温―17℃のなか、北見分会から6名が宿泊演習に参加し、実体験のなかで災害時のエネルギー供給などを検証する貴重な経験となりました。


簡易手洗い器

移動電源車から手洗い器へ電源供給

段ボールベッドの作成

北見分会員就寝準備

クルーズキッチン

クルーズキッチンによる炊出し食

合同セッション

グループ討議

ページ
トップ